暖炉がある家

佐賀の注文住宅で北欧風住宅を実現する

観葉植物

佐賀の住宅業界で静かなブームになっているのが、北欧風の注文住宅です。北欧と佐賀には豊かな緑と水に囲まれた、自然豊かな土地という共通点があります。自然派素材を活かしたナチュラルな風合いが楽しめる北欧住宅は、佐賀の気候風土にもピッタリです。近年の北欧ブームと相まって、北欧風の注文住宅は業者へ依頼しようと考える人が増えています。
北欧風住宅の特徴の一つが優れた断熱性です。寒さの厳しい北欧では、住宅の断熱性が高くないと、とても暮らしていけません。ほぼすべての住宅には優れた断熱機能を持つ建材が使用され、厳しい季節でも快適な温度を保つ空間が実現しています。九州の南に位置する様はそれほど寒いというイメージはありませんが、実際には冬になるとかなり厳しい寒さに見舞われます。海沿いの地域では風の影響により、温度が急激に低下することがあるため、住宅の断熱性は大きな課題のひとつです。
注文住宅なら高断熱の家を建てることもできます。ペアガラスや断熱塗料など、複数の断熱設備を組み合わせれば、さらに高い断熱性能がもたらされます。住宅の機能を要求する水準まで高められるのは、注文住宅ならではのメリットです。建売ではあまり見かけることがない北欧風住宅も、注文住宅なら理想が実現します。

注文住宅で家を建てる時の佐賀の業者の見極めポイント

注文住宅は土地選びから、建物の内装に至るまで自由に決められるのが魅力です。そんな注文住宅による家造りをする上で重要となるのが、業者選びになります。注文住宅は業者へ依頼をするのが基本となりますが、佐賀県に存在する業者の全てが信頼できるわけではありません。中には高い費用を請求して、粗悪な工事を行う悪質な業者もいるので、しっかりと見極める必要があります。
佐賀県の業者選びで重要となるのが担当者の姿勢です。注文住宅は自分好みの家造りが最大の魅力である以上、会社としての目線ではなく、顧客目線で親身になって話を聞いてくれるかがポイントになります。こちらの意見を聞かずに一方的に提案を押し付けたり、契約を急がせるような業者は避けるのが無難です。
業者としての信頼性は企業としての歴史の長さや、実績が大きく影響します。新規の会社だからといって、必ずしも信頼性が低いというわけではありませんが、判断材料が少なければ安心して任せることはできません。対応や費用に問題がなくても、実績が乏しいことで住み始めてすぐに、設備の不具合などのトラブルに見舞われるという事例も多くあります。佐賀県で専門業者に依頼をする時は、実績についてもしっかりと確認しておくことが大切です。

佐賀の注文住宅建設では土地との相性が大きなポイントになる

佐賀で注文住宅を建てるときに、一番重要になるポイントは「土地」です。一口に言っても海沿いから山の中まで、佐賀の土地の条件は色々です。住宅とは土地の条件によって、建て方も求められる機能も大きく変わるものです。理想とする住宅のイメージがあっても、佐賀という土地に似つかわしいものでなければ、使い勝手も魅力も半減してしまいます。
例えば日当たりひとつとっても、条件によって建物に求められる機能やデザインは大きく変わります。周りに遮るものはない家ならば、大きな窓でたっぷりと日を取り込むのもいいですが、隣に家が建っている土地で大きな窓をつけてしまうと、視線が気になってしまいます。日光を取り入れるにしても、大開口の窓ではなく天窓をつけるなど、別の工夫が必要になります。
希望するイメージが具体的にあったとしても、注文住宅は業者へ依頼したら終わりというものではありません。予定する住宅は土地にマッチしているのかどうか、暮らすのに不具合はないかなど、実用品としての住宅の価値をよく考えなければ、希望通りの家が建つ注文住宅といっても、不満が出てしまうのは避けられません。
理想の家を建てられる注文住宅だからこそ、土地との相性をしっかり見極めましょう。

CHOICES

  • 省エネと防災を佐賀の注文住宅で実現する

    佐賀でトレンドになっている注文住宅のスタイルが省エネ住宅です。エネルギー危機が叫ばれる中にあって、省エネ住宅は実用面でもコスト面でも、とても大きな魅力を有しています。建売住宅でも高機能で優れた省エネ性能を売りにする住宅が増えていますが、細かい部…

    MORE

  • 副収入が得られる賃貸併用の佐賀の注文住宅の魅力

    敷地面積に余裕がある物件が多いために、佐賀市内では住まいを建て替えるときに賃貸併用タイプの注文住宅を選ぶ人が増えています。しかし立地条件によって収益が大きく変わるので、佐賀市内で注文住宅は業者へ依頼するときに、収支のシミュレーションも行うべきで…

    MORE

TOP